包茎手術の痛みにはどんなものがある?施術前後の痛みの原因

手術を行うにあたって、どのような内容の手術を行うにしても様々な段階をふんで行うことが一般的であります。
もちろん手術前後にはそれなりの痛みを伴うことが多いです。
それは、包茎手術においても言えることです。
手術を受けようとする考えている方は、どのような段階を踏んで、一体どんな痛みがあるのか気になるところだと思います。
そして、その施術の痛みとはいったい何が原因なのかが気になるところです。
これから、包茎手術においてどんな痛みが、どういった原因で起こるのか解説していき、手術を受けようと考えている方の参考になれば幸いです。

包茎手術前の痛みについて

包茎手術を行うにあたって、まず初めに行うことがカウンセリングです。
このカウンセリングによって、現在の患者さんの状態を把握したりお悩みや要望を聞くことから始まります。
だいたいのクリニックでは、カウンセリングは無料で行っていることが多いです。
ここでしっかりと包茎の状態や予算、要望を伝えていくことで、手術方法などを決定していくことになります。

手術方法、はクリニックによって様々ですが、一般的に亀頭直下法と根元法などがあります。
最近では切らない手術などもあり、どの方法が現在の状態や予算に合っているのかなど詳しくカウンセリングすることになります。
このカウンセリングは、患者さんの話を聞くことはもちろんですが、それだけではありません。
担当医は患部が現在どのような状態なのか、きちんと把握しなければなりません。
その際に担当医自ら患者さんの幹部の状態、包茎の症状などを徹底的に観察することもあります。
その際には、それなりの痛みが伴う方もいます。
ですが、カウンセリング時にしっかりと状態を把握することにより、傷口の状態や不安なども相談できるので大変重要なものだと言えます。
手術前の痛みはこのようになっています。

包茎手術中の痛みについて

次に包茎手術に伴う痛みについてになります。
どんな手術を行うときにも痛みが伴うことが多いです。

包茎手術においても痛みが伴うことがあります。
もちろんこれは個人差がありますが、人によって痛みの感じ方の度合いがあるからです。
どんな手術を行うときにも麻酔が使われることが一般的です。
もちろんこの包茎手術においてもそうです。
施術当日本人の体調に問題がなければそのまま手術を行うこととなります。
手術前には、一般的に局所麻酔を行うことが多いようです。
局所麻酔は、ペニスの根部に注射針を打って注入します。
その際には、もちろん注射ですので痛みが伴います。
痛みに弱い方には、局所麻酔を行う前に表面麻酔を行うことも可能となっています。
これはテープ式やスプレー式などあって痛みも少なく、患者さんの負担が少なくなっています。
手術中は、これらの麻酔によって痛みを感じることもありませんし、触れている感覚もなくなりますので安心して施術を行うことができます。
また痛みに対して不安が大きい方は、全身麻酔もあります。
全身麻酔は、眠っている間に施術が行われるため、起きたら手術が終わっている状態になります。
どの麻酔を行うかは、カウンセリングにて相談できます。

包茎手術後の痛みについて

包茎手術での一番の痛みは術後の数日から数週間にかけです。
もちろん身体にメスを入れるのですから、包茎手術後しばらくは出血を伴います。
ほとんどの場合、施術後は包帯を数日まいて過ごします。
数日間の経過を見て、はじめてシャワーを浴びることができます。
また入浴においては経過観察と担当医の判断となることが多いです。
数週間は包帯の交換などを行い、清潔に保つこととなります。

傷はだいたい一週間ほどでくっついてくるためその間は、特に清潔に保つことが大切になってきます。
抜糸はクリニックによって変わってきます。
シャワーや生活をするうえで、自然と糸が取れてしますケースもありますが、抜糸を進めているクリニックが多いようです。
これは、抜糸をするによって傷口がよりきれいに違和感がなくなるからです。
個人的には抜糸をお勧めします。
その際にも多少の痛みが伴います。

これらの術後のケアは、大変重要なものとなっています。
入浴やシャワーや抜糸だけでなく、包茎手術後には様々なアフターケアが必要となってきます。
これらがきちんとなされていなければ、傷口が炎症を起こしたり術後の経過がよくなかったりして、患者さん自身の痛みにつながってくることとなります。

まとめ

包茎手術において、やはり様々な痛みが伴うことが多いです。
どんな手術においてもですが、術後のアフターケアが一番重要なものとなってくるかと思います。
特包茎手術を受ける方は、仕事を持っている方がほとんどだと思うので、仕事や運動など生活にかかわってくることへの制限には対策が必要です。
また、飲食物やアルコールの制限は、働きながら包茎手術を受けようと考えている方は対策を考えなければなりません。
術後のケアが包茎手術の痛みにとって一番かかわってくるものであります。
手術を受ける方が、痛みを少しでも緩和して生活できるようにと願います。