ペニス増大サプリでも重要なテストステロンを活性化する玉ねぎの食べ方

玉ねぎは生よりも火を通して食べるのがおすすめ

ペニス増大サプリに含まれている「テストステロン」は男性ホルモンの一種ですが、10代後半から20代にかけてピークに達し、30代以降は加齢とともに減少してしまいます。

そのため自身のペニスの大きさに悩みを持つ人にペニス増大サプリは効果的ですが、近年の研究で玉ねぎに多く含まれる「含硫アミノ酸」という成分にテストステロンの分泌促進作用があることが判明しました。

ペニス増大サプリ替わりにするなら1日に半玉以上の玉ねぎを摂取するのがおすすめですが、どうせ食べるならより効果的に食べたいものです。その方法は「加熱」することで、玉ねぎには含硫アミノ酸と同時に分解する酵素も含まれるため、切るとどんどん分解されてしまうことから玉ねぎは切ってすぐに食べるのが一番ですが、そのままだと辛くてとても食べられません。

そこで切ってからすぐに煮たり炒めたりと火を通すとペニス増大サプリを摂取するのと同様の効果が得られます。ただし、切ってから水にさらすと成分が失われてしまうので注意しましょう。

生で食べる場合はレンジで加熱を忘れずに

食べ方次第でペニス増大サプリ替わりにもなる玉ねぎですが、加熱してばかりでは飽きてしまうこともあるので、たまにはサラダ感覚にしてみてはいかがでしょうか。

その場合は、切る前に玉ねぎを軽く電子レンジで加熱してから食べるようにしましょう。具体的には、玉ねぎを切らずに表面の赤茶色い皮を全てむいてから、ラップを全体的に包むようにかけて、そのまま電子レンジで2分程度加熱するだけと簡単です。

電子レンジにかける理由は、含硫アミノ酸は60度程度に加熱することで成分が固定されるためで、一度固定してしまえばその後はどのように調理しても大丈夫です。2分程度の加熱であればまだシャキッとした食感は残っており、そのままサラダ感覚で食べることもできます。

なお、辛味の強い玉ねぎほど含硫アミノ酸を多く含んでいるため、より色の濃い玉ねぎを選ぶようにするとペニス増大サプリを摂る以上の効果が得られるかもしれません。

まとめ

毎日だとペニス増大サプリを摂取するのを忘れてしまうこともありますが、食事であれば苦になりません。玉ねぎには食べ方によってはペニス増大サプリと同様の効果が得られるほかに、高血圧や動脈硬化を抑える働きや、血糖値の上昇を防ぐ働きもあるので健康によい食べ物です。

食べ過ぎると下痢や腹痛になることもありますが、加熱することで防ぐことができますので、せっかくの成分を逃さずに効果的に美味しく食べるようにしましょう。